掲載記事

​子育て/夫婦

#子育て/夫婦

noimage.png
小島慶子 動じず逃げず 幼児期から対等な性教育
子どもが巻き込まれる性犯罪が後をたちません。わが子を守り、また、正しい知識を持たないがゆえの加害者にならないよう、親は「性教育」に向き合い、性について伝えていかなければなりません。とはいえ、親自身はそこまで性教育に触れてきたでしょうか。「子どもに、一体、何をどう伝えればいいか分からない」という人に向けて、家庭で始める性教育のノウハウをお届けします。

#子育て/夫婦

noimage.png
小島慶子「もしかしてVERY失格!?」番外編
親になって、それまでの人生と決定的に違ってしまったこと。それは誰かの命を預かる責任が生じたことでした。「え、私が人命を?! レスキュー隊でもお医者さんでもないのに?! 無理! 怖すぎ!」とリアルに震えました。産後うつ気味になったのはそのプレッシャーも一因。生まれたての赤ちゃんなんてほぼ内臓にしか見えないし、意思疎通もできない。素人にこんな無茶振りするなんて、生命の歴史って過酷すぎる(涙)と毎日めそめそしていました。

#子育て/夫婦

noimage.png
『九十歳。何がめでたい』を上回る大興奮の往復書簡エッセイ集が5月8日に発売!佐藤愛子☓小島慶子『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』
『九十歳。何がめでたい』が2017年の年間ベストセラーランキング総合第1位(トーハン・日販調べ)になるなど、新著の発売を待ち望むファンが数多くいる現在96歳の作家・佐藤愛子さんの最新刊は往復書簡集。佐藤さんが、実に50歳年下のタレント・エッセイストの小島慶子さん(47歳)と手紙のやりとりをしました。
 

© 2019 合同会社アップルクロス    info@applecross.jp