掲載記事

 

#キャリア #ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
小島慶子からwithコロナを生きる女性へ「辛い時は逃げてもいい」
元TBSアナウンサーで、現在はタレント・エッセイストとして活躍する小島慶子さん。家族が住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する日々を送っていた小島さんですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、渡豪が叶わぬ状況が続いているそうです。

#ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
小島慶子「迅速で誠実、新型コロナ対策が光った各国リーダーの共通点」
新型コロナウイルスという未知の病に世界中が苦慮するなか、対応が優れていると言われる国々があります。オーストラリアと日本を行き来し、ジェンダーの問題にも詳しい小島慶子さんにレポートしていただきました

#ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
小島慶子 コロナ危機下で存在感が高まる女性リーダー
日本で働き、オーストラリアで家族と過ごす「往復生活」をしている小島慶子さん。子育ても終盤にさしかかり、「これまでとは違う新たな一歩」を踏み出しつつある小島さんが、新たな気付きや挑戦を語っていきます。今回のARIAな一歩は、「コロナ危機下の女性リーダー」。
 

#メディアと女性

noimage.png
エリートなのに物知らずで可愛い……“女子アナ”人気に見る、日本人の歪んだ願望
 父のように稼ぎたいという気持ちと、母や姉のように“みんなが羨む女”にならねばという気持ちを抱えた若かりし頃の小島慶子さんがたどり着いた職業は「アナウンサー」だった。しかし、実際“女子アナ”になってみると、“女子アナ”に向けられる視線に、ひいては日本社会で女性の置かれた立場や女性に対する評価に違和感を覚えるようになったという。

#メディアと女性

noimage.png
大手もフリーもジャーナリスト意識を 記者会見のあり方問う 新聞労連シンポ
新聞労連は5日夜、オンラインシンポジウム「メディアは何のためにあるのか? いま『記者会見』のあり方を問う」を開き、2000人以上が視聴しました。

#メディアと女性

noimage.png
「誰でもいいわけじゃない」って言うけれど…それでも女性の数を増やしたほうがいい理由
エッセイストやタレントとして活躍中の小島慶子(こじま・けいこ)さんと、BUSINESS INSIDER JAPAN統括編集長の浜田敬子(はまだ・けいこ)さんが執筆に参加した『足をどかしてくれませんか。―メディアは女たちの声を届けているか』(亜紀書房)の出版記念イベントが、2月4日に「代官山 蔦屋書店」(東京都渋谷区)で開催されました。
 

#メディアと表現

noimage.png
声を上げやすい社会にするためメディアは何をすべきなのか 白熱のシンポジウム実録
五月祭で本郷キャンパスが盛り上がる5月18日、祭りの喧騒から離れた情報学環福武ホール地下2階の福武ラーニングホールで、「わたしが声を上げるとき」をテーマにしたシンポジウムが開催された。

#メディアと表現

noimage.png
「男女で分断せずに1つの問題として報じることが大事」元TBSアナの小島慶子さんらが今後のメディアの役割に言及
「声を上げることは良しとされるべきだし、そういう見せ方や空気をメディアが作ることが大事」と語った。

#メディアと表現

noimage.png
テレビはどうすれば「テレビらしさ」の呪縛を解けるか/小島慶子インタビュー
2018年は「メディア」と「ジェンダー」を考えるうえで、非常に重要な年だった。きっかけは、4月に発覚した福田淳一元財務事務次官によるテレビ朝日の女性記者に対してのセクハラである。
 

#子育て/夫婦

noimage.png
小島慶子 動じず逃げず 幼児期から対等な性教育
子どもが巻き込まれる性犯罪が後をたちません。わが子を守り、また、正しい知識を持たないがゆえの加害者にならないよう、親は「性教育」に向き合い、性について伝えていかなければなりません。とはいえ、親自身はそこまで性教育に触れてきたでしょうか。「子どもに、一体、何をどう伝えればいいか分からない」という人に向けて、家庭で始める性教育のノウハウをお届けします。

#子育て/夫婦

noimage.png
小島慶子「もしかしてVERY失格!?」番外編
親になって、それまでの人生と決定的に違ってしまったこと。それは誰かの命を預かる責任が生じたことでした。「え、私が人命を?! レスキュー隊でもお医者さんでもないのに?! 無理! 怖すぎ!」とリアルに震えました。産後うつ気味になったのはそのプレッシャーも一因。生まれたての赤ちゃんなんてほぼ内臓にしか見えないし、意思疎通もできない。素人にこんな無茶振りするなんて、生命の歴史って過酷すぎる(涙)と毎日めそめそしていました。

#子育て/夫婦

noimage.png
『九十歳。何がめでたい』を上回る大興奮の往復書簡エッセイ集が5月8日に発売!佐藤愛子☓小島慶子『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』
『九十歳。何がめでたい』が2017年の年間ベストセラーランキング総合第1位(トーハン・日販調べ)になるなど、新著の発売を待ち望むファンが数多くいる現在96歳の作家・佐藤愛子さんの最新刊は往復書簡集。佐藤さんが、実に50歳年下のタレント・エッセイストの小島慶子さん(47歳)と手紙のやりとりをしました。
 

#キャリア #ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
小島慶子からwithコロナを生きる女性へ「辛い時は逃げてもいい」
元TBSアナウンサーで、現在はタレント・エッセイストとして活躍する小島慶子さん。家族が住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する日々を送っていた小島さんですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、渡豪が叶わぬ状況が続いているそうです。

#キャリア

noimage.png
日刊ゲンダイ「喜怒哀楽のサラリーマン時代」<5>管理職には向かない 社内表彰で退社を決意
周囲が思い描く「女子アナ像」に違和感を覚えていた。なぜ優等生の女の子でなければならないのか。なぜ暗黙のうちに理想的な職場の華を体現するように求められるのだろうか。画一的なイメージは覆したかった。

#キャリア

noimage.png
日刊ゲンダイ「喜怒哀楽のサラリーマン時代」<4>ラジオのメイン司会でギャラクシー賞受賞
お涙頂戴の演出に納得がいかず、アシスタントとしての役目を果たせなかった。プロデューサーに怒鳴られ、大物司会者からは共演NGとなる。この一件をきっかけに、テレビのバラエティー番組から遠ざかった。その頃、ラジオ番組のメイン司会の話が舞い込む。1998年のことだ。
 

#発達障害

noimage.png
学校では教えてくれない 発達障害 後編
子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、タレント、エッセイストとして活躍する小島慶子さんに話を聞いた。

#発達障害

noimage.png
学校では教えてくれない 発達障害 前編
子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、タレント、エッセイストとして活躍する小島慶子さんに話を聞いた。

#発達障害

noimage.png
小島慶子 5年半「寄り道ナシ」の私に、自由が訪れる日
日本で働き、オーストラリアで家族と過ごす「往復生活」をしている小島慶子さん。子育ても終盤にさしかかり、「これまでとは違う新たな一歩」を踏み出しつつある小島さんが、新たな気付きや挑戦を語っていきます。今回のARIAな一歩は、「ひとり旅」
 

#多文化共生/海外移住

noimage.png
小島慶子、ADHD・摂食障害・夫へのモラハラ発言を経て「出稼ぎ母さん」へ
夫が無職になった。まだ小学生の息子2人を抱えて突然、家族の大黒柱になった不安から、夫にモラハラ的な発言を繰り返す自分がいた。ADHD、摂食障害、母との確執、不安障害……あらゆる生きづらさを抱えながら模索してきた自分との向き合い方、夫婦・家族のカタチとは――。

#多文化共生 / 海外移住

noimage.png
言語の上でマイノリティになるという経験 外国人労働者増加で日本はどう対処すべきか 小島慶子さんと語る
海外でマイノリティになるということ

#多文化共生 / 海外移住

noimage.png
(パブリックエディターから)外国人労働者と多民社会 「多」には「自分」も含まれる 小島慶子
10月から日本で暮らす外国人に焦点を当てた「多民社会」シリーズが掲載され、読者から多くの意見が寄せられています。
 

#その他

noimage.png
小島慶子さんら支援の大切さ訴え 困窮の母子世帯支える 寄付希望者を募るSNSも立ち上げ
新型コロナウイルスの影響で困窮する母子世帯を支援しようと、寄付を呼び掛ける「ひとりじゃないよプロジェクト」の発起人でエッセイストの小島慶子さんらが10日、厚労省で記者会見し、5月の発足以降の活動状況を報告した。小島さんは「ひとり親家庭に支援を届けるだけでなく、支援する人たちを支えるという意味でも、寄付の必要性を知ってほしい」と訴えた。

#その他

noimage.png
ポストコロナは40代50代のスキルと経験が求められる
出産を機に子育てや弱者に理解のない社会に疑問を抱くようになったという小島慶子さんと、親の経済力の差が子どもに影響する社会を変えたいと、無料の学習支援などを行うNPO法人キッズドアを立ち上げた渡辺由美子理事長。対談の後編では、NPOとしての活動を持続的なものにするために必要な「覚悟」や、ビジネスの世界でキャリアを積んだARIA世代ならではのソーシャルセクターとの関わり方について聞きました。

#その他

noimage.png
【オンライン授業】息子と話して見えてきた「大きな課題」とは
今、西オーストラリアのパースで暮らしている夫と息子たちとは、毎日FaceTimeの画面越しにコミュニケーションしています。離れていても関係が薄まることはないですが、それでも互いになるべく「気配」を感じたくて、何も話さない時もつなぎっぱなしにしています。それぞれに自分のことをしているけど、家族が近くにいる安心感・・・ってありますよね。

© 2019 合同会社アップルクロス    info@applecross.jp