掲載記事

 

2022年11月19日

#ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
朝日新聞 Think Gender・BTSから考える「男らしさ」の新時代 過ちを認め、学び、変化する
女子が熱狂するものには価値がない?

2022年11月13日

#ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
東洋経済ONLINE・小島慶子、私こそ持っていた「おっさん性」の正体
日本社会をしんどくする元凶がそこにある

2022年10月30日

#ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
東洋経済ONLINE・変われなかったロスジェネ世代に感じる深い失望
なぜ各種ハラスメントは撲滅に至らないのか
 

2022年7月30日

#メディアと女性

noimage.png
CLASSY・7月30日はウェルビー女子の日
30代のお悩み…小島慶子さんに堀田茜さんが本音で質問!

2022年3月28日

#メディアと女性

noimage.png
AERA dot・女性にとって働きがいを感じるのはこんな会社
働きやすさとやりがいが働きがいを生み出す

2021年9月12日

#メディアと女性

noimage.png
WEZZY・「年をとった“女子アナ”は見たくない」女性アナが直面するキャリアの壁について小島慶子さんに聞いた
 “女子アナ”という言葉は我々の日常に定着している。だが、違和感を覚えたことはないだろうか。
 男性アナウンサーのことは“男子アナ”と言わないのに、女性アナウンサーのことは“女子アナ”と呼ぶ。“女子アナ”という言葉には「女性のアナウンサー」という以上の意味が含まれているのだ。
 

2022年3月23日

#メディアと表現

noimage.png
ハフポスト・I&Dが実現した社会
「異なるバックグラウンドを持つ人々が集まると、面白いものができる」小島慶子さんと考えるI&Dが実現した社会

2022年2月10日

#メディアと表現

noimage.png
ハフポスト・年齢バイアス
小島慶子さん「30歳の壁ってこれなんだ」出産、育児、キャリア……これからの女性と年齢

2019年7月11日

#メディアと表現

noimage.png
東大新聞オンライン・声を上げやすい社会にするためメディアは何をすべきなのか 白熱のシンポジウム実録
五月祭で本郷キャンパスが盛り上がる5月18日、祭りの喧騒から離れた情報学環福武ホール地下2階の福武ラーニングホールで、「わたしが声を上げるとき」をテーマにしたシンポジウムが開催された。
 

2022年11月21日

#子育て/夫婦

noimage.png
Bright Choice・【教育移住で二拠点生活。小島慶子さんが考える、これからのリアルな子育て②】
海外での学校選び 子どもの生きる力を強くする真の多様性とは

2022年11月1日

#子育て/夫婦

noimage.png
Bright Choice・【教育移住で二拠点生活。小島慶子さんが考える、これからのリアルな子育て①】
家族と離れて二拠点生活 子どもを伸ばす教育のあり方を模索して

2020年7月9日

#子育て/夫婦

noimage.png
日経DUAL・小島慶子 動じず逃げず 幼児期から対等な性教育
子どもが巻き込まれる性犯罪が後をたちません。わが子を守り、また、正しい知識を持たないがゆえの加害者にならないよう、親は「性教育」に向き合い、性について伝えていかなければなりません。とはいえ、親自身はそこまで性教育に触れてきたでしょうか。「子どもに、一体、何をどう伝えればいいか分からない」という人に向けて、家庭で始める性教育のノウハウをお届けします。
 

2020年6月28日

#キャリア #ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
FRAU・小島慶子からwithコロナを生きる女性へ「辛い時は逃げてもいい」
元TBSアナウンサーで、現在はタレント・エッセイストとして活躍する小島慶子さん。家族が住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する日々を送っていた小島さんですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、渡豪が叶わぬ状況が続いているそうです。

2019年9月13日

#キャリア

noimage.png
日刊ゲンダイ「喜怒哀楽のサラリーマン時代」<5>管理職には向かない 社内表彰で退社を決意
周囲が思い描く「女子アナ像」に違和感を覚えていた。なぜ優等生の女の子でなければならないのか。なぜ暗黙のうちに理想的な職場の華を体現するように求められるのだろうか。画一的なイメージは覆したかった。

2019年9月12日

#キャリア

noimage.png
日刊ゲンダイ「喜怒哀楽のサラリーマン時代」<4>ラジオのメイン司会でギャラクシー賞受賞
お涙頂戴の演出に納得がいかず、アシスタントとしての役目を果たせなかった。プロデューサーに怒鳴られ、大物司会者からは共演NGとなる。この一件をきっかけに、テレビのバラエティー番組から遠ざかった。その頃、ラジオ番組のメイン司会の話が舞い込む。1998年のことだ。
 

2021年7月29日

#発達障害

noimage.png
LITALICO 発達ナビ・小島慶子さん取材】「助けて」が言えなかった子ども時代。天職との出合いや、41歳で発達障害と分かるまでの苦悩も
ADHDの診断のある、エッセイストの小島慶子さん。困っていた子ども時代を経て大人になり、アナウンサーという仕事に就いたのち、独立してエッセイストとしても活躍する一方で、生きづらさと向き合ってきました。

2021年6月28日

#発達障害

noimage.png
障害者.com・エッセイスト小島慶子さんに聞く~1人のADHD当事者として思うこと
「33歳で不安障害と診断され、寛解した後も定期的に通院しカウンセリングを受けるなどしていました。主治医は発達障害も扱っており、カウンセリングで話した過去の困り事の経験などから最終的にADHDの診断が下りたわけです。試しに薬を飲んだ経験を書いた記事を読んだ定型発達の知人らから『ADHDの脳構造について分かった』と言われましたが、何故そう言うのかを自分なりに考察しました」

2020年7月9日

#発達障害

noimage.png
KIDSNA・学校では教えてくれない 発達障害 後編
子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、タレント、エッセイストとして活躍する小島慶子さんに話を聞いた。
 

2020年2月24日

#多文化共生/海外移住

noimage.png
週刊女性・小島慶子、ADHD・摂食障害・夫へのモラハラ発言を経て「出稼ぎ母さん」へ
夫が無職になった。まだ小学生の息子2人を抱えて突然、家族の大黒柱になった不安から、夫にモラハラ的な発言を繰り返す自分がいた。ADHD、摂食障害、母との確執、不安障害……あらゆる生きづらさを抱えながら模索してきた自分との向き合い方、夫婦・家族のカタチとは――。

2019年3月18日

#多文化共生 / 海外移住

noimage.png
ヤフーニュース個人・言語の上でマイノリティになるという経験 外国人労働者増加で日本はどう対処すべきか 小島慶子さんと語る
海外でマイノリティになるということ

2018年12月17日

#多文化共生 / 海外移住

noimage.png
朝日新聞DIGITAL・「パブリックエディターから」外国人労働者と多民社会 「多」には「自分」も含まれる 小島慶子
10月から日本で暮らす外国人に焦点を当てた「多民社会」シリーズが掲載され、読者から多くの意見が寄せられています。
 

#その他

noimage.png
STORY Web 小島慶子さん50歳、更年期との向き合い方を語る<インタビュー前編>
更年期といえばホットフラッシュ、だけじゃないなんて!

#その他

noimage.png
セゾンのくらし大研究・小島慶子の 一緒に「更年期」を語ろうよ 第1回
膣の奥が帯電? 居ても立ってもいられない違和感に困惑

#その他

noimage.png
女性自身(3013号)9月13日発売号「もっと話そう!「更年期の悩み&対処法」

2022年11月10日