掲載記事

 

#ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
日本で起こったジェンダー・ギャップ事件の問題点と解決策は?【更新されるジェンダー論③】
日本でも女性の書き手によるジェンダーに関する書籍が増えた。可視化されてきたこの問題を現在どのように捉える必要があるのか。更新されるジェンダー論についての質問に、著者・訳者が答える。
今回は『幸せな結婚』や『さよなら!ハラスメント』などを著書に持つエッセイストの小島慶子さんが、2018年に日本で起こったジェンダーギャップ事件の問題点と解決策について答えます。

#ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
Activists demand reform after Tokyo Olympic sexism row
Activists demand reform after Tokyo Olympic sexism row
Gon Matsunaka, founder and president of Pride House Tokyo Consortium, says Olympic organisers must look beyond replacing Mori and undergo

#ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
大学ミスコンは今 背景に構造的な性差別 容姿、鮮度求める「品評会」改めて 小島慶子さん
大学ミスコンは、批判を受けつつも長年にわたり、「女子アナウンサーの登竜門」として注目を集めてきた。エッセイストで元TBSアナウンサーの小島慶子さん(48)は、ミスコンが存続する背景には、日本社会の構造的な性差別があるとし、「女性の品評会」を放置している大学側の責任も指摘する。
 

#メディアと女性

noimage.png
Dialogue on the Gender Gap
― In 2017, the two of you created a group called MeDi, the Media and Diversity Forum, and since then, you have been involved in a wide range of activities, including holding symposiums and publishing.

#メディアと女性

noimage.png
小島慶子✕林 香里 人気広がるフェミニズム、変われないジャーナリズム
目次>
会員制フェミニズムにさようなら
生意気、でしゃばり、ヒステリー
潮目が変わった二〇一八年
安倍政権「女性活躍推進」の影響

#メディアと女性

noimage.png
エリートなのに物知らずで可愛い……“女子アナ”人気に見る、日本人の歪んだ願望
 父のように稼ぎたいという気持ちと、母や姉のように“みんなが羨む女”にならねばという気持ちを抱えた若かりし頃の小島慶子さんがたどり着いた職業は「アナウンサー」だった。しかし、実際“女子アナ”になってみると、“女子アナ”に向けられる視線に、ひいては日本社会で女性の置かれた立場や女性に対する評価に違和感を覚えるようになったという。
 

#メディアと表現

noimage.png
声を上げやすい社会にするためメディアは何をすべきなのか 白熱のシンポジウム実録
五月祭で本郷キャンパスが盛り上がる5月18日、祭りの喧騒から離れた情報学環福武ホール地下2階の福武ラーニングホールで、「わたしが声を上げるとき」をテーマにしたシンポジウムが開催された。

#メディアと表現

noimage.png
「男女で分断せずに1つの問題として報じることが大事」元TBSアナの小島慶子さんらが今後のメディアの役割に言及
「声を上げることは良しとされるべきだし、そういう見せ方や空気をメディアが作ることが大事」と語った。

#メディアと表現

noimage.png
テレビはどうすれば「テレビらしさ」の呪縛を解けるか/小島慶子インタビュー
2018年は「メディア」と「ジェンダー」を考えるうえで、非常に重要な年だった。きっかけは、4月に発覚した福田淳一元財務事務次官によるテレビ朝日の女性記者に対してのセクハラである。
 

#子育て/夫婦

noimage.png
小島慶子 動じず逃げず 幼児期から対等な性教育
子どもが巻き込まれる性犯罪が後をたちません。わが子を守り、また、正しい知識を持たないがゆえの加害者にならないよう、親は「性教育」に向き合い、性について伝えていかなければなりません。とはいえ、親自身はそこまで性教育に触れてきたでしょうか。「子どもに、一体、何をどう伝えればいいか分からない」という人に向けて、家庭で始める性教育のノウハウをお届けします。

#子育て/夫婦

noimage.png
小島慶子「もしかしてVERY失格!?」番外編
親になって、それまでの人生と決定的に違ってしまったこと。それは誰かの命を預かる責任が生じたことでした。「え、私が人命を?! レスキュー隊でもお医者さんでもないのに?! 無理! 怖すぎ!」とリアルに震えました。産後うつ気味になったのはそのプレッシャーも一因。生まれたての赤ちゃんなんてほぼ内臓にしか見えないし、意思疎通もできない。素人にこんな無茶振りするなんて、生命の歴史って過酷すぎる(涙)と毎日めそめそしていました。

#子育て/夫婦

noimage.png
『九十歳。何がめでたい』を上回る大興奮の往復書簡エッセイ集が5月8日に発売!佐藤愛子☓小島慶子『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』
『九十歳。何がめでたい』が2017年の年間ベストセラーランキング総合第1位(トーハン・日販調べ)になるなど、新著の発売を待ち望むファンが数多くいる現在96歳の作家・佐藤愛子さんの最新刊は往復書簡集。佐藤さんが、実に50歳年下のタレント・エッセイストの小島慶子さん(47歳)と手紙のやりとりをしました。
 

#キャリア #ジェンダー/ハラスメント

noimage.png
小島慶子からwithコロナを生きる女性へ「辛い時は逃げてもいい」
元TBSアナウンサーで、現在はタレント・エッセイストとして活躍する小島慶子さん。家族が住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する日々を送っていた小島さんですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、渡豪が叶わぬ状況が続いているそうです。

#キャリア

noimage.png
日刊ゲンダイ「喜怒哀楽のサラリーマン時代」<5>管理職には向かない 社内表彰で退社を決意
周囲が思い描く「女子アナ像」に違和感を覚えていた。なぜ優等生の女の子でなければならないのか。なぜ暗黙のうちに理想的な職場の華を体現するように求められるのだろうか。画一的なイメージは覆したかった。

#キャリア

noimage.png
日刊ゲンダイ「喜怒哀楽のサラリーマン時代」<4>ラジオのメイン司会でギャラクシー賞受賞
お涙頂戴の演出に納得がいかず、アシスタントとしての役目を果たせなかった。プロデューサーに怒鳴られ、大物司会者からは共演NGとなる。この一件をきっかけに、テレビのバラエティー番組から遠ざかった。その頃、ラジオ番組のメイン司会の話が舞い込む。1998年のことだ。
 

#発達障害

noimage.png
学校では教えてくれない 発達障害 後編
子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、タレント、エッセイストとして活躍する小島慶子さんに話を聞いた。

#発達障害

noimage.png
学校では教えてくれない 発達障害 前編
子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、タレント、エッセイストとして活躍する小島慶子さんに話を聞いた。

#発達障害

noimage.png
小島慶子 5年半「寄り道ナシ」の私に、自由が訪れる日
日本で働き、オーストラリアで家族と過ごす「往復生活」をしている小島慶子さん。子育ても終盤にさしかかり、「これまでとは違う新たな一歩」を踏み出しつつある小島さんが、新たな気付きや挑戦を語っていきます。今回のARIAな一歩は、「ひとり旅」
 

#多文化共生/海外移住

noimage.png
小島慶子、ADHD・摂食障害・夫へのモラハラ発言を経て「出稼ぎ母さん」へ
夫が無職になった。まだ小学生の息子2人を抱えて突然、家族の大黒柱になった不安から、夫にモラハラ的な発言を繰り返す自分がいた。ADHD、摂食障害、母との確執、不安障害……あらゆる生きづらさを抱えながら模索してきた自分との向き合い方、夫婦・家族のカタチとは――。

#多文化共生 / 海外移住

noimage.png
言語の上でマイノリティになるという経験 外国人労働者増加で日本はどう対処すべきか 小島慶子さんと語る
海外でマイノリティになるということ

#多文化共生 / 海外移住

noimage.png
(パブリックエディターから)外国人労働者と多民社会 「多」には「自分」も含まれる 小島慶子
10月から日本で暮らす外国人に焦点を当てた「多民社会」シリーズが掲載され、読者から多くの意見が寄せられています。
 

#その他

noimage.png
小島慶子さん「『絵になりにくい苦しみ』を伝えなければ」シングルマザーの回想記『メイドの手帖』に学ぶ、“個人の声を残すことの大切さ”
書かれる可能性が、ほとんどなかった物語―。そんなキャッチフレーズの『メイドの手帖 最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救ったシングルマザーの物語』(ステファニー・ランド:著、村井理子:訳/双葉社)はアメリカだけでなく、日本国内でも注目を集めた回想記。

#その他

noimage.png
14歳の君へ わたしたちの授業 英語 言いたいこと伝えよう 今回の先生 エッセイスト 小島慶子さん
全国の中学生に、さまざまな分野で活躍する人が語る「授業」の「英語」の先生は、元TBSアナウンサーでエッセイストの小島慶子さん。オーストラリアに一家で移住し、日本と往復して活動。「英語を学ぶと多くの情報を得られる。人生の可能性を広げる手段にもなる」と話す。小島さんは「読書をして自分の意見を持つのが大事。言いたいことがあれば通じる」と強調する。

#その他

noimage.png
小島慶子〈エア離婚〉を選んで2年「夫婦リセットか、続行か。いま心は揺れて」
家族が暮らすオーストラリアに帰ることができないまま10ヵ月。長男の卒業式に出られず、次男には身長を抜かれた。コロナで会えなくても、家族は成長する。ならば、「解散」を宣言した夫との関係はどうか──

© 2019 合同会社アップルクロス    info@applecross.jp